JHASについて

  JHASとはJAPAN HOLISTIC AROMATHERAPY SOCIETY=日本ホリスティック・アロマセラピー協会のことです

「ホリスティック」という言葉は、ギリシャ語の「ホロス」という言葉に由来し「全体」とか「総合」という意味と、ホーリーと語源を同じくする「聖なる」という意味を持っています

ホリスティック医学とは、人間を「心」「身体」「エネルギー」「霊性」の4つの面から総合的に捉えこれらをすべてよりよい状態に整えていくという「聖なる癒し」を目指しています

JHASのスクールで学ぶアロマセラピーもホリスティック医学のひとつで身体と心は密接につながり、病気も怪我も「心」を変えていくことによって共に癒されると考えるものです

そして、癒していくのは自分自身であって、セラピストはあくまでもお手伝いに過ぎないと自覚すること、さらには、病気やけがもマイナスの要因として捉えるのではなく、何らかのメッセージだと明るく考えることもホリステック医学の大切な考えです

私たちが本来備え持っている自然治癒力は、プラスの意識の中でこそ強く働くものだからです

 

<会長>   今井広海 / ゆりあ
<顧問>   マリー・リンチ / アラン・リンチ
<年会費>  生徒さん・2000円 / 一般会員・5000円
<発足日>  1996年9月1日

<設立目的> ・アロマセラピーをホリスティックに捉える、本格的なアロマセラピーの普及
       ・会員同士の交流および勉強会

       ・新しい臨床例や情報の交換 etc

 

JHAS HPより


JHAS URL


JHASとdropの出会い

dropの独身時代は仕事一筋のバリバリのキャリアウーマンな生活を送っておりました

 

出世、昇給、競争

 

「生活の為に仕事をする」「生きていくためにお金を稼ぐ」ということは自分にとっては当たり前のことで

お金をたくさん稼ぐために人を傷つけ、自分を傷つけ、仕事が楽しい! というよりは

「生きていく為に毎日を生きる」という生活を送っておりました

 

そのために出産して母になった後も「いち早く職場復帰しなければ」という焦りの気持ちばかりが強くて

子育てを楽しむ余裕もなく目の前の我が子と向き合うこともせずに会社や仕事の事で頭の中は一杯でした

 

そんなある日の出来事です

育児休業中に子供の預け先を決めて子供が1歳になるのを機に職場復帰しようと準備を進める中でのことでした

 

2012年10月dropは子供を通してJHASを知りました

 

初めて経験するフワフワした優しいアロマのエネルギー

今まで生きてきた世界とは全く違う世界がこの世には存在する

 

アロマで体験したフワフワしたエネルギーが忘れられなくて

職場復帰が近づくにつれて

「満員電車に乗ってガツガツした競争社会に戻る」

ということに対して自分の中で違和感が大きくなっていきました

 

「私、このままでいいの?」

 

それは2011年3月11日の東日本大震災の時にも感じた

今この世に生きている意味、今自分がこの世に存在していることに対する違和感でした

 

せっかく生きているのに…自分が主役の人生だから

もっとキラキラワクワクする毎日があってもいいんじゃない!?

 

初めて「仕事とは無関係の習い事をしてみよう」と決めてアロマセラピーを選びJHASの門をたたきました

 

レッスンを通してエネルギーの法則を教えてもらったり、身をもって体験したり

アロマの香りを通して身体が癒され、心から…魂から深く癒されることを体験していくうちに

軽くフワフワした心で魂でこれからの人生を生きていこうと決意致しました

現在は子供中心のドタバタ楽しい毎日を過ごしております

 

2016年11月にJHASディプロマ試験 合格

2017年6月にJHASフェイシャル認定試験 合格

現在はJHASクリスタルコースを勉強中

 

皆様にも「真に魂から癒される体験をしていただけるようにお伝えできるように」を心がけています

こんなdropですが皆様~どうぞよろしくお願いいたします(^^